節約弁当レシピ

残り物をリメイクして、美味しい節約弁当レシピ

晩御飯のおかずが残ってしまったら、どうしていますか?
捨てるなんてもったいない事はせずに、翌日のお弁当のおかずにしてしまいましょう。でも、そのままお弁当箱に詰めるのではなく、ちょっとひと手間かけた「リメイク」で、残り物とは思えないような料理に変身しますよ。

残り物をリメイクすることで、生ゴミを減らすこともできますし、もちろん節約にもなります。
そんなお弁当のおかずのレシピを紹介しています。ここで紹介したレシピを参考にして、いろいろな料理の「リメイク」を試してみてくださいね。

節約弁当レシピ-メニュー

から揚げをリメイク

お弁当のおかずの定番といえば「から揚げ」です。ある調査ではお弁当のおかずの人気ナンバーワンだそうです。
から揚げが、そのままお弁当に入っていても嬉しいですが、さらにリメイクして味の変化を楽しむのもいいですね。残り物のから揚げをリメイクする、お弁当のおかずレシピを紹介します。


肉じゃがをリメイク

肉じゃがなどの煮物は、一度にたくさんの量をつくった方が、失敗も少なく美味しく調理できます。
残り物の肉じゃがを、翌日のお弁当のおかずにそのまま使っても、もちろん美味しいですが、少し手を入れてはどうでしょうか?残り物の肉じゃがを使った、簡単にリメイクするお弁当レシピを紹介します。


ポテトサラダをリメイク

ポテトサラダには、ポテト以外の材料も入っていますし、カタチも自由に変えられるリメイクしやすいおかずだと思います。
夕飯の残り物でポテトサラダがあったら、上手にリメイクして翌日のお弁当のおかずにしてみましょう。ポテトサラダの残り物を使ったお弁当のレシピを紹介します。


きんぴらごぼうをリメイク

きんぴらごぼうは、しっかりと味が付いているので、そのままお弁当のおかずしても美味しいですが、ちょっとひと手間かけてリメイクすれば、さらにおいしいお弁当になります。
残り物のきんぴらごぼうがあるときの、お弁当レシピを紹介します。


カレーをリメイク

夕食のカレーって、たいてい残りますよね。次の日に温めなおして食べるのもいいですが、一食分にもならないくらいの量ならリメイクしてお弁当のおかずになります。
カレーの香辛料の香りが、食欲をそそるおいしいお弁当のレシピです。


刺身をリメイク

残り物にお刺身があっても、生ものだからお弁当のおかずにはちょっと使いにくいですね。でも、ちょっと手をかけてリメイクすれば、れっきとしたお弁当のおかずになります。お刺身のように、魚を一口大にカットしてあるのは、お弁当のおかずに好都合な面もあります。
少しだけ残ってしまったお刺身を使った、お弁当のレシピを紹介します。


かぼちゃの煮物をリメイク

煮物は一度にたくさん作ったほうが美味しく仕上がります。もし夕飯に残ったら、すこし手を加えて翌日のお弁当のおかずにリメイクしましょう。
ここでは、煮物のなかでも「かぼちゃの煮物」をリメイクするお弁当レシピを紹介します。とても残り物とは思えないようなお弁当のおかずになりますよ。


餃子をリメイク

自宅で餃子をつくる方なら、たいてい多めにつくると思います。残った餃子は冷凍しておいて、後日食べるようにしてもいいですが、二つ三つ残った餃子を冷凍するのも面倒です。
そんな時は、残り物の餃子をリメイクしてお弁当のおかずにしてみましょう。すでに焼いてしまった餃子を使ったレシピです。